創業70周年記念写真

社長挨拶

 おかげさまをもちまして当社は、今年で創業70周年を迎えることが出来ました。皆様には心から感謝申し上げます。
 私が先代(創業者)から事業を継承したのが昭和63年、間もなく30年を迎えようとしております。今、建設業の環境は著しく変貌しました。平成29年度公共事業予算は前年度を僅かに上回り、5年連続の微増となりました。しかし、工事量の地域間格差に加え、大手と地元中小企業間格差は顕在化、拡大化し、中でも 超少子高齢化 ・・・・・・ 社会の到来による労働力不足という非常に厳しい環境が追い打ちをかけます。地域の基本インフラの整備・維持管理・事前災害防止を担う私たちが、将来に亘ってその役割を果たしていくためには、「事業量の安定的かつ持続的な確保・拡大」「担い手の確保、育成」が今まさに喫緊の課題となっています。
 今後の公共事業においては、急速に老朽化が進む社会資本の大幅な更新時期を迎え、安心・安全な暮らしを確保するうえで、維持管理分野の重要性が一層高まると思われることから老朽化対策等に関する知見を収集すること、岐阜県における社会基盤メンテナンスエキスパート(ME)取得に対する取り組みが大切になると思われます。
 弊社は、前年下請工事の受注拡大に向け、事業方針を立てましたが営業管理システム、情報収集不足等で目標達成はできませんでした。今後は、営業管理システムの導入により方針とのずれを最小限にすることができると考えます。そして、今後は、事業量の安定的かつ持続的な確保・拡大について、売上高、受注高をただ上げるのではなく利益率を上げることが重要になってきます。民間工事の受注競争は熾烈な戦いであり、中でも利益率の高い工事を受注することは並大抵のことではありません。そのために、勝つための効果的な営業、各種情報分析が必要であり、その状況から営業戦略が経営の原点であることに立ち返り、営業管理システムを駆使し、人の管理を効果的に行いその事業量の確保に結び付けたいと思います。
 工事部門では、厳しい予算の中、受注した工事について、安全第一で利益を出すために、官民問わず工事着手前の事前検討を入念に行い、段取り八分で工期短縮に努めることが何より大切であると思います。
 担い手の確保、育成では、今期より、従業員の給与体系を見直し、能力に合わせた査定制度を導入し、中でも日給者については、月給に移行し建設業の職場環境の再構築に努め、より一層魅力のある職場環境を構築し、育成に努めたいと考えております。
 弊社は、創業70周年を迎えるにあたり、地元とのつながりを今以上に密なものとし、今後ますます全社員が一丸となって、公共土木工事は勿論のこと、【森林整備・民間土木工事のオンリーワン企業になる】を当社スローガンとしてより一層邁進いたします。

 代表取締役 三尾 秀和

専務挨拶

 平素は格別のお引き立てを賜り誠に有り難く厚く御礼申し上げます。
 付知土建株式会社はお陰様をもちまして創業70周年を迎えさせていただきました。
 これもひとえに永年にわたる皆々様の温かいご愛顧、ご支援のたまものと心から感謝いたしております。
 70周年を迎え、地域の中小建設業界は厳しい営業環境にありますが、今まで以上に信頼に応え地域貢献を心がけ、社長を初めとし社員一同いっそうの努力をし、皆様のご愛顧にお答えしていく所存でございます。
 今後とも、相変らぬご指導ご支援を宜しくお願いいたします。

 専務取締役 三尾 長平

常務挨拶

 付知土建株式会社は本年をもちまして創業70周年を迎えることができました。
 永きにわたる皆様のご支援に深く感謝をいたします。
 創業70周年を迎え、人と人との繋がりが今日までの弊社をつくり、それこそが会社の財産であると感じております。
 その繋がりをさらに強いものにし、皆様に信頼され愛される会社づくりを目指していく所存です。
 今後とも、なにとぞご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 常務取締役 三尾 隆介

営業部長挨拶

 拝啓、皆様のあたたかいご支援のもとに、私たち付知土建株式会社は創業70周年を迎えることができました。
 これを機に、創業の原点を振り返りまして、創業の原点に振り返り現在成すべきことを考え、未来を見据えた企業として努力を続けていく考えです。時代の移り変わりとともに、お客様のニーズも多様化してまいりました。皆様のご要望の一つ一つにきめ細かくお応えし、私たちでなければできない創出に全力を注いでまいります。同時に地域の皆様に必要とされ、ご信頼をいただき、なくてはならない存在として企業の一体感を高め、この70周年は次の80年、90年に向けて力強く発展していくための出発点として位置付けてまいります。
 これからも「皆様の生活とともにある付知土建株式会社」であり続けるために、全社を挙げて一層の努力に励んでまいります。ご指導、ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。敬具。

 営業部長 曽我 誠

土木部長挨拶

 拝啓 皆々様にはいよいよご隆盛のこととお慶び申しあげます。
 さて 弊社は本年ここに創業70周年を迎えるにいたりました。
 これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心より感謝申しあげます。
 日本経済はバブルがはじけた後は、政府の建設投資額は半減し、民間の設備投資も先細りとなり、建設業も大変な時期となりましたが、弊社の経営方針である「和衷共同の心を育て、たゆまぬ努力で責務を果たし地域社会に貢献する」の信念を持ち邁進いたします。
 今後とも、これまで同様のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。敬具

 土木部長 西尾 浩明

森林部長挨拶

 私が弊社に入社し16年。その4倍以上の創立70周年という会社の歴史を、大変誇らしく思っております。
 これもひとえに皆様方のご支援ご愛顧の賜と心より感謝いたしております。
 森林部は、地元付知町の山林の荒廃を憂い、「付知の山は付知の人間で再生させる」という社長の精神のもと社員一同決意を新たに、森林整備を通して地域社会に貢献していく所存でございます。
 どうぞ倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 森林部長 松井 善孝